1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 緑のカーテン普及へ、ゴーヤの苗配布/鎌倉市

緑のカーテン普及へ、ゴーヤの苗配布/鎌倉市

社会 | 神奈川新聞 | 2009年6月1日(月) 00:00

つる性の植物で建物を覆い、室内温度を下げる「緑のカーテン」を普及させようと、ゴーヤの苗の無料配布が1日、鎌倉市役所で行われた。地球温暖化対策の一環として、市が初めて実施。事前に申し込みのあった市民115人が訪れた。

同市では昨年、市役所と市立御成小、同御成中の3カ所で緑のカーテンに取りみ、室内温度を2度下げるなど効果が確認された。水と肥料をしっかり与えれば、誰にでも育てられることから、今年は一般世帯にも広げようと配布を試みた。

苗は市内の園芸業者から市が購入。好天の日には1日で10センチほど伸び、真夏には実も付けるという。市でも昨年より敷設対象を拡大し、市役所と市内6小中学校、3保育園で取り組む予定になっている。

【】

御成小に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング