1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. エイズ正しく理解を、世界デーに合わせキャンペーン/横浜

エイズ正しく理解を、世界デーに合わせキャンペーン/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2013年11月24日(日) 23:55

エイズに関する知識を学ぶクイズ大会も行われた「世界エイズデーin Yokohama2013」=横浜市西区の新都市プラザ
エイズに関する知識を学ぶクイズ大会も行われた「世界エイズデーin Yokohama2013」=横浜市西区の新都市プラザ

エイズを正しく理解するための街頭キャンペーン「世界エイズデーin Yokohama2013」が24日、新都市プラザ(横浜市西区)で開かれた。横浜AIDS市民活動センターの主催。

12月1日の世界エイズデーに合わせて毎年開かれている。同センターの白井美穂センター長は「HIVに感染しても、すぐに発症するわけではないし、早期発見、治療で長生きできる。正しい知識と理解を広めたい」と活動の目的を話す。

同センターのほか、県臨床検査技師会や横浜YMCAなども協力。日常生活では感染しないこと、検査は保健所で無料・匿名で受けられることなどエイズに関する情報をパネルで展示し、各団体の活動なども紹介された。

エイズに関する知識などを問うクイズ大会も行われ、買い物客や家族連れがパネルを見ながら真剣に回答していた。参加した同市金沢区の采谷イチ子さん(75)は「エイズの知識を知ることができてよかった。大事なことだと思うので、家族にも伝えたい」と話していた。

【】

エイズに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング