1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ふぐVSまぐろ、大道芸、手形…17日は年末恒例の野毛フェス/横浜

ふぐVSまぐろ、大道芸、手形…17日は年末恒例の野毛フェス/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2013年11月11日(月) 22:59

ふぐなどが無料で振る舞われるほか、大道芸も盛り上げてくれる=昨年の野毛フェスタから
ふぐなどが無料で振る舞われるほか、大道芸も盛り上げてくれる=昨年の野毛フェスタから

今週末は、食べて遊んで飲んで-。年末恒例の「野毛フェスタ」が17日、横浜市中区の野毛中央通りなどで行われる。はしご酒が楽しめるイベント「野毛通手形」も継続中で、横浜随一の飲み屋街を昼も夜も思う存分楽しめる。

フェスタの目玉企画は、無料で味わえる「大盤振る舞いのおもてなし」だ。例年通りふぐ料理が千人分準備されるほか、今年はまぐろの解体ショーを実施。さばきたてが約250人分用意され、「ふぐ対まぐろ」という夢の対決が実現する。

ふぐは午前11時半から、まぐろは午後0時半と同2時半から振る舞われる。まぐろは整理券を午前11時と午後1時に配布する。

また三浦市の三崎朝市が出張し、鮮魚や青果を販売。負けじと地元野毛の店舗も出店を出し、通りを彩る。大道芸人やベリーダンサーが練り歩くほか、ベーゴマや輪投げなど昔の遊びを体験できるスペースも登場。老若男女が飽きない内容となっている。

フェスタは午前11時から午後4時まで。

これでは満足できない人には、はしご酒チケットの「野毛通手形」を使っての“延長戦”もお勧めだ。

手形の実施は5年目。1枚600円の手形を3枚一組1800円で購入し、参加60店から店を選ぶ。各店が指定するメニューとドリンクのセットなどが味わえる。店により必要な手形の枚数は違うが、いずれも通常よりお得な値段。横浜にぎわい座やカラオケ店などでは割引サービスも受けられる。

参加店やサービスの内容は野毛通手形のホームページで確認できる。購入は参加店か、野毛周辺のコンビニ、スリーエフやファミリーマートなどで。手形は来年2月28日まで使える。

フェスタを主催する野毛地区振興事業協同組合理事で実行委員長の小林直樹さんは、「大道芸あり、自慢の味あり、露店ありと、何でもありの野毛の魅力を味わってほしい」と話している。

【】

大道芸に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング