1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 市内最古のステンドグラス 横浜英和学院の式典で公開 「優しい光」

市内最古のステンドグラス 横浜英和学院の式典で公開 「優しい光」

社会 | 神奈川新聞 | 2013年11月9日(土) 22:53

半世紀を経て再び設置されたステンドグラス=本館3階大会議室
半世紀を経て再び設置されたステンドグラス=本館3階大会議室

横浜英和学院(横浜市南区蒔田町、伊藤美奈子学院長)の本館と中学高等学校第2校舎の完成を祝う式典「落成献堂式」が9日、同学院で行われた。生徒や保護者、地元の町内会役員など約600人が参加し、本館3階に設置された横浜最古とされるステンドグラス2枚などを見学した。

式典で、伊藤学院長はステンドグラスについて「105年前に作られ日本でも最古の一つ」と希少な遺産であることを強調。もともと10枚あったが、50年前に2枚が所在不明になったという。2枚は5年前に学院の礼拝堂地下室などからぼろぼろの状態で見つかり、3年かけて修復した。

本館に2枚を設置したことで礼拝堂の8枚と合わせ10枚が全てそろった。10枚はいずれも図柄が違うが、柔らかな色調や曲線の多用などのデザインに共通点がある。同学院長は「創立133年になる学院の歴史を象徴し、優しい光が降り注いでいる」と話した。

2棟の建設は創立130周年記念事業として進められていた。

【】

記念事業に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング