1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「すかなごっそ」開設2年余、購買者が100万人突破/横須賀

「すかなごっそ」開設2年余、購買者が100万人突破/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2013年10月24日(木) 23:58

オープンから2年余りで購買者が100万人を突破した農産物直売所「すかなごっそ」=横須賀市長井
オープンから2年余りで購買者が100万人を突破した農産物直売所「すかなごっそ」=横須賀市長井

横須賀市長井の農産物直売所「すかなごっそ」での購買者が、100万人を突破した。オープンから2年余りでの大台超え。売り上げ実績も前年同月比をすべての月で上回っており、快走を続けている。

すかなごっそはJAよこすか葉山の運営で、2011年6月に開業。レジを通過して実際に購買した来場者は翌12年8月に50万人を超え、今月22日に100万人を突破した。

夏場はスイカやメロン、冬はキャベツなどが主力。地域性を反映し、1日でスイカが500個も売れる日がある。葉山牛をはじめとする国産の精肉や揚げ物など総菜も充実しており、売り上げの3割は精肉部門。週に4日ほどは、地場のしらすや干物など魚介類も並ぶ。

さらに、生産者から仕入れたイチゴなどを使ったあめを開発したり、出荷者による農産物、パン、卵の対面販売、青果物詰め放題といった企画を打ち出すなど趣向を凝らしている。オープン以来、売り上げ実績は前年同月比で1割程度増え続けている。

店長の島野武久さん(50)は「地元の農産物を広めることが、生産者や地域のためになる。従来通り、まじめに地道にやっていきたい」と話した。

【】

青果に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング