1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「三笠」がご当地ソングに、元ふきのとう・山木さんがCD発売を記念して演奏会開催へ/横須賀

「三笠」がご当地ソングに、元ふきのとう・山木さんがCD発売を記念して演奏会開催へ/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2013年10月24日(木) 23:24

フォークデュオ「ふきのとう」の元メンバーで、海援隊のヒット曲「思えば遠くへ来たもんだ」の作曲でも知られる山木康世さん(63)が、三笠公園(横須賀市稲岡町)に保存されている記念艦三笠に着想を得たご当地ソングを作った。「三浦半島波高し」。11月3日にはCDの発売を記念したコンサートを三笠内の講堂で開く。

記念艦三笠と山木さんとの出合いは2010年12月。同市内での演奏会の折に訪れた。

子どものころから船や飛行機が大好きで、三笠についても連合艦隊の旗艦として日露戦争で活躍したことなどは知っていた。しかし、その威容を目にするのはこの時が初めて。「陸に上がった三笠が僕に語りかけてくるもの」が自然に歌になったという。

昭和の良き日を思い出す 吹く風も穏やか日は優し 明治は遠くなりにけり 時間も精神も空の果て どっこい港 横須賀は 観音崎にたたずんで 浦賀水道ながむれば 微かに血潮が騒ぎ立つ…。

コンサートで歌い続けてきた“お気に入り”だけに、CD発売を記念したコンサートの会場も、艦上にこだわった。

開場は午後4時で開演は同4時半から。チケットは全席自由で、記念艦三笠の観覧券込みの前売りは4500円。当日5千円。問い合わせは山木倶楽部九段支部電話090(5316)9071。

【】

こちらもおすすめ

三笠に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング