1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 燃料電池自動車やEV学ぶツアー、県が参加者を募集/神奈川

燃料電池自動車やEV学ぶツアー、県が参加者を募集/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年8月5日(月) 23:44

県は23日、燃料電池自動車や電気自動車(EV)について学ぶバスツアーを開催する。燃料電池自動車に燃料の水素を供給できる「水素ステーション」が4月に海老名市に開設されたのを機に、環境に優しい次世代自動車への関心を高めようと初めて企画された。県は12日まで、参加する親子20組を募集している。参加無料。

バスツアーは当日午前8時に県庁本庁舎に集合。EV「日産リーフ」などを生産している日産自動車追浜工場(横須賀市)に移動し生産ラインを見学。県産業技術センター(海老名市)で水素で走る燃料電池自動車の仕組みを学んだ後、水素ステーションが設けられた同市中新田のガソリンスタンドを訪れる。県スマートエネルギー課は「夏休みの自由研究などに活用してほしい」と話している。

対象は小学4~6年生とその保護者で、昼食は持参。希望者は往復はがきに参加者の氏名と学年、保護者の氏名、住所などを記載し、県スマートエネルギー課(〒231-8588、横浜市中区日本大通1)まで郵送する。問い合わせは同課電話045(210)4133。

【】

電気自動車に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング