1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜税関職員が不正アクセス 県警、容疑で書類送検

横浜税関職員が不正アクセス 県警、容疑で書類送検

社会 | 神奈川新聞 | 2017年4月23日(日) 02:00

 大麻密輸事件容疑者のIDとパスワードで捜査中の闇サイトに無断接続したとして、県警は21日、不正アクセス禁止法違反の疑いで、横浜税関の男性職員を書類送検した。職員は容疑を認めているという。

 書類送検容疑は3月、大麻を密輸したとして逮捕された容疑者のIDとパスワードを本人の承諾なく使用し、密輸に利用されたとみられる闇サイトに不正に接続した、としている。

 捜査関係者によると、職員は闇サイトが大麻の調達先とみて調べていた。容疑者から聞き出したIDなどで接続できなかったため、別のIDとパスワードを類推して試みたところ、成功したという。

 職員から改めて承諾を求められた容疑者が横浜地検に伝え、不正アクセスが発覚した。

不正アクセスに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング