1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ポルシェも登場、MM21地区で電気自動車フェス/横浜

ポルシェも登場、MM21地区で電気自動車フェス/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2013年7月14日(日) 22:05

ポルシェのEVをアピールするハマのエトランゼのメンバー=横浜・みなとみらい21地区
ポルシェのEVをアピールするハマのエトランゼのメンバー=横浜・みなとみらい21地区

県内を中心とした中小企業者が手掛けた環境に優しい電気自動車(EV)に触れてもらおうと、「コンバージョンEVフェスティバルinよこはま」が、横浜・みなとみらい21(MM21)地区のグランモール公園で開かれている。古き良き港ヨコハマを発信しようと結成された一般社団法人「ハマのエトランゼ」(木元賢二代表理事)の主催で、今回が2回目。フェスは13日から15日までの日程で、改造EV12台がお目見え。ガレージカレント(横浜市青葉区)の江頭大介社長がEVに改造したポルシェには多くの来街者の関心が集まり、ガソリン車との違いや乗り心地などの特徴について盛んに尋ねられていた。

事前に申し込んでいた参加者はEVに試乗して同地区内を1周。排ガスを一切出さず、乗り心地も良いEVの性能を楽しんだ。同法人事務局長の古川治さんは「環境に優しく、社会と共存する新しい自動車文化を発信していきたい」と話している。

【】

電気自動車に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング