1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 魅せろ卓越の技、藤沢で7月県内最大サーフィン大会/神奈川

魅せろ卓越の技、藤沢で7月県内最大サーフィン大会/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年6月27日(木) 23:12

昨年、藤沢市鵠沼海岸で開催されたASPサーフィンツアーで技を決める地元藤沢市出身の大村奈央選手(ASPジャパン提供)
昨年、藤沢市鵠沼海岸で開催されたASPサーフィンツアーで技を決める地元藤沢市出身の大村奈央選手(ASPジャパン提供)

県内で過去最大規模となるサーフィン大会が藤沢市鵠沼海岸で7月8~15日に開催される。世界で活躍する一線の国内選手が集結するほか、海外選手も参戦する。今年はボディーボードやスケートボードのプロツアー戦も同時開催されるほか、アートや音楽ライブなども同じ会場で披露される。

「湘南OPEN2013」と銘打ったイベントで、メーンのサーフィン大会「ASPサーフィンプロツアー」は、賞金総額が県内で過去最高となる約550万円。世界的なサーフィンツアーの1戦で、好成績を収めると、世界ランキングが高まる。

世界を転戦している国内の若手選手のほか、地元勢も参戦。米国・カリフォルニアやハワイ、インドネシア、オーストラリアなど海外選手も出場し、百数十人が卓越した技を競い合う。

大会を統括するASPジャパンの近江俊哉代表は、「湘南は日本のサーフィン発祥の地ともされている。サーフィン大会のイベントで街が活気づき、夏の到来を印象付けるような恒例イベントとして根付かせられたら」と話している。大会の観覧は無料で、世界トップクラスの高い技術をビーチから見ることができる。

イベントではこのほか、ボディーボードのプロ組織、JPBAが主催するツアー第3戦が13~15日に開催される。近接する海沿いの「鵠沼海浜公園スケートパーク」では15日、スケートボードのプロ組織、AJSAが主催するツアー第2戦が行われ、最先端のスケートボード技術が披露される。

こうしたコンテストに加えて、13、14日にはスケートパークの会場で、反り上がった路面を使って、小型の自転車(BMX)やスケートボードで大きく跳んだり、回転する技が披露される。演出に合わせて音楽やファッション、ダンス、アートなどのライブも行われ、新しい文化が相まみえるイベントになるという。

会場では、ご当地料理が楽しめる「湘南グルメパーク」も特設される。すべてのイベントが入場や観戦は無料。各イベントの会場などの詳細はホームページ(http://www.murasaki.co.jp/event/senior_list/SHONAN_OPEN_NEWS.html)。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング