1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 【動画】「海から見る横浜」PR、遊覧船運航2社が新クルーズ/神奈川

【動画】「海から見る横浜」PR、遊覧船運航2社が新クルーズ/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年6月14日(金) 21:21

41もの橋を小型ボートでくぐる「運河で往く工場夜景」クルーズ
41もの橋を小型ボートでくぐる「運河で往く工場夜景」クルーズ

横浜港を遊覧船で巡るクルーズが相次いでリニューアルしている。東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が始まった3月以降、乗船者数が増加傾向にある。そのため、各運航会社は海から眺める横浜の魅力を広くアピールすることにしている。

京浜フェリーボート(横浜市中区)は、小型の遊覧船で市内の運河を通って1周する約2時間のクルーズ「運河で往(い)く工場夜景」をリニューアルした。運河に架かる41もの橋をくぐり、それぞれに異なる趣が楽しめる。横浜港の中心地・象の鼻を出発。大岡川をさかのぼって堀割川に入り、本牧・根岸の工場夜景を見学する。帰路は元町・中華街近くを流れる中村川を通って新山下の艀(はしけ)だまりを見ながら再び象の鼻に戻る。

昔ながらの小型の木造船「鎌倉」を利用することで運河クルーズを実現した。潮位の関係で定期運航はできないが、定員19人でチャーター代は5万2500円。問い合わせは同社電話045(201)0821。

チャーター船を運航するケーエムシーコーポレーション(同市西区)は15日から、横浜の荷役作業の様子や歴史にまつわるスポットを海から眺めるクルーズを「船だから行ける社会見学・横浜クルーズ」にリニューアルする。

赤レンガ倉庫前のピア赤レンガ桟橋を出発。横浜ベイブリッジをくぐり、本牧ふ頭のコンテナターミナルを見学。巨大コンテナ船やガントリークレーンを間近で楽しめる。1854年に横浜に来航した黒船が停泊した海域も巡る。

1日3便運航(祝日を除く月・火曜日は運休)。料金は大人1200円、中高生800円、小学生600円。問い合わせは同社電話045(290)8377。

【】

工場夜景に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング