1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 欧米若手研究者「書道楽しい」、葉山で日本文化体験/神奈川

欧米若手研究者「書道楽しい」、葉山で日本文化体験/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年6月13日(木) 23:03

書道に挑む海外からの若手研究者=13日夜、葉山町の湘南国際村
書道に挑む海外からの若手研究者=13日夜、葉山町の湘南国際村

欧米諸国の若手研究者を対象に、日本文化に親しんでもらう体験教室が13日夜、葉山町の湘南国際村で開かれた。

総合研究大学院大(同町)が日本学術振興会と共催している「JSPSサマー・プログラム」の一環。米国やドイツ、フランスなどから、20代を中心とした博士号取得前の113人が参加した。

サマー・プログラムは、海外の若手研究者を全国の研究機関や大学などで受け入れ、2カ月にわたって日本の研究を体験してもらう内容。日本国内の研究が海外から孤立しないよう、次世代の研究者とのつながりを築き、将来の学術交流に役立てる狙いもある。

文化体験教室では、地元の市民グループの協力を得て茶道や書道、折り紙などを紹介した。

米国の大学院で地震学を学んでいるジョセフ・バーンズさん(24)は初来日。「書道が難しかったが楽しかった。日本での研究を楽しみにしている」と話していた。参加者は地元の家庭でのホームステイなどを体験した後、国内の研究機関へ向かう。

【】

日本文化に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング