1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. アゼリアで「かわさきみずみずフェア」、子どもら浄水の仕組み学ぶ/川崎

アゼリアで「かわさきみずみずフェア」、子どもら浄水の仕組み学ぶ/川崎

社会 | 神奈川新聞 | 2013年6月1日(土) 22:29

浄水の仕組みについて学ぶ実験など、さまざまなイベントが行われたフェア会場=川崎地下街アゼリア
浄水の仕組みについて学ぶ実験など、さまざまなイベントが行われたフェア会場=川崎地下街アゼリア

市民に水道事業への理解を深めてもらう恒例の「かわさきみずみずフェア」が1日、JR川崎駅東口の川崎地下街アゼリアで開かれた。水に関連したさまざまなイベントが用意された会場は、大勢の家族連れでにぎわった。

市上下水道局が「水道週間」(6月1~7日)に合わせて毎年開催し、55回目。会場には「水とくらそう」「水をそなえよう」など、テーマ別に計五つのブースが設けられた。

「水をまなぼう」では、浄水の仕組みについて学ぶ実験を実施。参加した子どもたちは、コップに入った濁り水に汚れを取り除く薬品を入れ、濁りが底に沈むまでスプーンでかき回す作業に真剣な表情で取り組んだ。

このほか、水道水と市販のミネラルウオーターを飲み比べる「利き水」や、顕微鏡を使って下水をきれいにする微生物を観察するコーナーなどが来場者の関心を集めていた。

実験に挑戦した市立京町小学校4年の阿部駿大君(9)は「水がきれいになるまでの過程が分かって面白かった」と話していた。

【】

アゼリアに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング