1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 不法就労助長容疑で元締の男再逮捕/横浜

不法就労助長容疑で元締の男再逮捕/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2013年6月1日(土) 00:21

県警国際捜査課と伊勢佐木署は31日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、横浜市中区末吉町2丁目、韓国籍の会社経営の容疑者(52)を再逮捕した。

再逮捕容疑は、2008年2月から今年5月11日までの間、短期滞在の在留資格で来日した韓国籍の男3人=入管難民法違反容疑などで逮捕=を不特定多数の客に性的サービスをさせるため、管理するマンションに居住させるなど支配下に置いた、としている。同課によると、同容疑者は「支配下に置いたわけではない」と供述、容疑を否認している。

同課によると、同容疑者は男性客相手に性的サービスを行う韓国籍の男約20人の元締。男1人につき、1日の売り上げから1万3千円、暴力団へのみかじめ料名目で月5万円を徴収するなど、年間約7千万円を得ていたとみられる。

【】

こちらもおすすめ

暴力団に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング