1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 被災地漁網 南足柄市が受け入れ検討、箱根に続き/神奈川

被災地漁網 南足柄市が受け入れ検討、箱根に続き/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年5月10日(金) 00:03

東日本大震災で使えなくなり処分が難題となっている被災地の漁網について、南足柄市が受け入れる方向で検討していることが9日、分かった。市の一般廃棄物最終処分場(同市雨坪、容量4万立方メートル)への埋め立てを念頭に、地元説明を始めている。処分場の地元住民と市議会の理解を得た上で、最終的に判断するとみられる。

被災地の漁網をめぐって県は、環境省から岩手県洋野町で発生した300トンの受け入れを求められている。既に箱根町が最大約100トンを受け入れる意向を表明しており、南足柄市が決定すれば2例目となる。同市は100~200トンの処理に協力する方向で調整している。

安全性の確保については、放射性物質濃度が1キログラム当たり100ベクレルを下回っていることを条件とした箱根同様の基準にする方向。洋野町の漁網の放射性物質濃度は20ベクレル未満という。

市は受け入れの意向を既に地元自治会に伝えており、自治会は近く住民説明会を開く予定だ。市議会に対しては10日に説明する。

加藤修平市長は神奈川新聞社の取材に対し、「漁網の処理が進んでいない状況を考慮した。受け入れに関する市の考え方を市民に理解していただき、受け入れ態勢を整えたい」と話している。

4月に受け入れの意向を表明した箱根町は、処分先となる一般廃棄物最終処分場の地元自治会への説明を行うなど実現に向けた作業を進めている。

【】

加藤修平(政治家)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング