1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 救急隊またミス 出動場所誤り到着遅れ/相模原

救急隊またミス 出動場所誤り到着遅れ/相模原

社会 | 神奈川新聞 | 2013年4月27日(土) 23:39

相模原市消防局は27日、指令担当者が救急要請があった場所を誤り、救急隊の現場到着が遅れるミスがあった、と発表した。

同局によると、同日午前11時25分ごろ、同市緑区東橋本に住む母親から「9カ月の男児が画びょうをのんだようだ」と119番通報があった。母親はアパート名と住所などを正確に伝えたが、通報を受けた指令課職員は200メートル離れた場所にある同じ名称のアパートと思い込み、出動させた。ダブルチェック担当の職員も確認を怠った。

アパートに到着後、救急隊が誤りに気づき、約11分遅れで救急要請のあった本来のアパートに到着。男児は画びょうを吐き出していたが、病院に搬送した。

同課は「職員が住所のチェックを怠った。患者と家族に多大な迷惑をかけ、市民の信頼を裏切ることになり、誠に申し訳ありません」としている。

同市では今月19日にも救急隊が男性の搬送先を誤り、病院収容が約26分遅れるミスが起きている。

【】

救急要請に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング