1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 表丹沢の登山口に「山の交番」開所、救助活動の拠点に/秦野

表丹沢の登山口に「山の交番」開所、救助活動の拠点に/秦野

社会 | 神奈川新聞 | 2013年4月12日(金) 22:21

丹沢臨時警備派出所の開所式で山口副署長(右)からピッケルを手渡される高楯隊長=県立秦野戸川公園
丹沢臨時警備派出所の開所式で山口副署長(右)からピッケルを手渡される高楯隊長=県立秦野戸川公園

本格的な登山シーズンの到来に合わせ、“山の交番”として機能する秦野署の「丹沢臨時警備派出所」が12日、表丹沢の登山口「戸沢出合」(秦野市戸川)に開所した。12月上旬まで遭難救助活動の拠点となる。

救助隊のメンバーは、高楯俊一隊長をはじめ9人を中心に編成。県立秦野戸川公園で行われた開所式には隊員のほか、市消防本部など関係機関からも参加した。

山口光男副署長が「例年この時期から登山者が増加し、昨年の大型連休には4件の遭難事故が発生した。万が一の事態に備えて普段からしっかりと訓練に励んでほしい」と訓示。救助隊員に登山道具のピッケルを手渡した。

高楯隊長は「最近は登山ブーム。楽しんでもらうとともに、装備や計画が不十分だと事故につながる危険があるので注意を呼び掛けていきたい」と話している。

表丹沢には、年間約40万人が訪れる。同署管内の昨年1年間の遭難出動件数は前年と同じ21件。遭難による死者は3人(前年比1人増)、負傷者は16人(同3人減)だった。

毎年恒例の「山開き式」は21日午前8時半から同公園で行われる。

【】

山開きに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング