1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 誤認逮捕を教訓に、県警でサイバー犯罪対策課発足/神奈川

誤認逮捕を教訓に、県警でサイバー犯罪対策課発足/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年4月1日(月) 23:49

1日に新設されたサイバー犯罪対策課の発足式=県警本部
1日に新設されたサイバー犯罪対策課の発足式=県警本部

県警は1日、生活安全部内に新たにサイバー犯罪対策課を発足させた。昨年、少年を誤認逮捕したパソコン遠隔操作事件を教訓に、人員を増やすなどして捜査体制を強化するとともに、IT関連企業の経営者を非常勤職員に委嘱、捜査に対するアドバイスを受ける。

これまで生活安全総務課内にあった「サイバー犯罪対策センター」を格上げし、指揮・管理体制を強化。人員も5人増やして65人体制で発足した。

また都内の情報セキュリティー会社の経営者を非常勤職員に委嘱。捜査に見落としや見誤りがないか助言してもらう。さらに捜査を担当する係などのほかに、同課の解析結果を各警察署に分かりやすく説明する「技術指導係」を設けた。

1日に県警本部で開かれた発足式で、県警の久我英一本部長は「少年を誤認逮捕した事案では、サイバー犯罪に関する捜査能力や解析技術など、さまざまな課題が浮き彫りになった」と指摘。「サイバー空間の秩序を乱す悪質な犯罪を摘発してほしい」と訓示した。課長に就任した伊藤守警視は「誤認逮捕の教訓を忘れることなく、最新の情報の入手と捜査能力の向上に努める」と決意を語った。

【】

誤認逮捕に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング