1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 女装で風呂場侵入 盗撮容疑で研究員の男再逮捕

国立がん研究センター研究員
女装で風呂場侵入 盗撮容疑で研究員の男再逮捕

社会 | 神奈川新聞 | 2017年4月14日(金) 02:00

 ホテルの女性浴場に女装して侵入し、盗撮したとして、加賀町署は13日、建造物侵入と県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで、国立がん研究センター研究所の研究員の男(48)=千葉県八千代市=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年11月29日午後11時59分ごろ、横浜市中区のホテル内の女性浴場の脱衣所に侵入したほか、同12月2日午前9時5分ごろ、同じ脱衣所で、私立大学大学院2年の女子学生(23)=相模原市在住=らをスマートフォンで動画を撮影した、としている。同署によると、同容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。

 同署によると、同容疑者は横浜市内での会議に出席するため、昨年11月29日から12月3日まで同ホテルに滞在。女装した上でチェックインし、脱衣所にも化粧してかつらをかぶり、スカート姿で入り込んでいたという。

 同容疑者は、チェックアウト時に、女性の氏名などを書き換え、顔写真を貼り替えるなどした偽造の運転免許証を提示したとして、偽造有印公文書行使の疑いで、ことし3月24日に逮捕されていた。女性利用客が同容疑者の行動を不審に思い、ホテルに連絡。ことし1月にホテルが同署に相談していた。

 同容疑者は研究所難治進行がん研究分野のユニット長。同センターは「結果を踏まえ厳正な対応を取りたい」などとコメントした。

盗撮に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング