1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 相模川11市町で浸水 水位10メートル、水引くまで1週間

県中央部、洪水の想定図を県が作成
相模川11市町で浸水 水位10メートル、水引くまで1週間

社会 | 神奈川新聞 | 2017年4月13日(木) 15:28

相模川の洪水浸水想定図
相模川の洪水浸水想定図

 県中央部を流れる一級河川・相模川の中流域で最大級の洪水が起きた場合の浸水想定図が、管理主体の県から公表された。浸水範囲は既に国が公開済みの下流域と合わせると、相模原市や厚木市、平塚市など11市町の67平方キロに及ぶ。浸水時の水位(浸水深)は最も深い地点で約10メートルに達し、あふれた水が引くまでに1週間かかる地域も出るという深刻な予測となった。

 予測の前提としたのは、想定される最大規模の降雨量となる48時間で567ミリ。堤防などで氾濫を食い止められないほど増水するため、住民の避難が不可欠という。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模川に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング