1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 31日まで歴史年表展、年表や絵図で葉山のルーツ紹介/神奈川

31日まで歴史年表展、年表や絵図で葉山のルーツ紹介/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年3月4日(月) 22:59

葉山町立図書館2階の葉山まちづくり館ギャラリーで、「葉山の歴史年表展~町民が知っておきたい葉山のルーツ」が開催されている。入場無料。31日まで。

旧石器時代から現在までの葉山の歴史を知ってもらおうと、葉山郷土史研究会が企画した。

会場には「葉山の歴史年表」が、各時代を伝える写真や図説、絵図などの資料とともに掲示されている。

例えば、古墳時代では三浦半島初の巨大な前方後円墳2基の「長柄桜山古墳群」、平安時代では県立美術館建設時に見つかった製塩遺跡、鎌倉時代では森戸神社下浜に建てられていたとされる「頼朝公御殿場跡」などを解説付きで紹介。年表下の写真や絵図などと連動させた。

昭和時代では葉山マリーナの完成や逗葉新道の開通、平成に入ると湘南国際村のオープンや三浦半島中央道路の開通といったインフラ整備の軌跡をたどることができる。

同図書館1階では同研究会による「そうだったのか! 葉山の歴史展」も15日まで同時開催。江戸時代の絵図や古文書を展示し、解説している。問い合わせは、NPO法人葉山まちづくり協会電話046(876)0421。

【】

古文書に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング