1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. PC遠隔操作事件:容疑者潔白主張、「一日も早く自由にして」/東京高裁

PC遠隔操作事件:容疑者潔白主張、「一日も早く自由にして」/東京高裁

社会 | 神奈川新聞 | 2013年2月27日(水) 00:05

遠隔操作事件で逮捕されてから2週間余り。初めて公の場に姿を見せた片山祐輔容疑者は26日、東京地裁で開かれた勾留理由開示の法廷で「一日も早く自由にしてほしい」と早口で潔白を主張した。

黒のトレーナーとベージュのパンツ姿で入廷した片山容疑者は、まばたきを繰り返し、唇を何度もなめるなど緊張した様子。名前や住所を聞かれた際は口ごもった。しかし意見陳述の場面では「逮捕は寝耳に水。まじめに働いてきたのに、拘束されて私も家族もつらい」とまくしたてるようにメモを読み上げ、事件に関する弁護側の質問にも、立ったままでよどみなく答え続けた。

午後1時半からの手続きは約50分で終了。接見した弁護人に漏らした第一声は「疲れました」だった。仕切りの隙間から手を伸ばし、弁護人の手に触れて「言うべきことは言えた。もしかしたら明日の釈放もありますね」とも語ったという。

【】

PC遠隔操作事件に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング