1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ハナモモ丁寧に 宮前区の花き農家で桃の節句前に出荷作業/川崎

ハナモモ丁寧に 宮前区の花き農家で桃の節句前に出荷作業/川崎

社会 | 神奈川新聞 | 2013年2月19日(火) 12:58

室温が一定に保たれたムロで出荷を待つハナモモ=川崎市宮前区馬絹
室温が一定に保たれたムロで出荷を待つハナモモ=川崎市宮前区馬絹

3月3日の桃の節句を前に、川崎市宮前区馬絹の花き農家「馬信」がハナモモの出荷作業に追われている。

品種は、鮮やかな桃色の花をつける「新矢口」と白の「関白」。同区などの畑から切り出された枝を長さ120センチにそろえ、約80本を1束にまとめる。

室温を23度に設定したムロで5日ほど管理し、開花を促す。

馬信3代目の都倉信幸さん(59)は「花芽が落ちないように、丁寧に手作業をするのがうちのモットー」。3月上旬まで、約2千束を都内に出荷するという。

【】

モモに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング