1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 育てた大豆で豆腐作り、上荻野小の児童が本職の指導受け挑戦/厚木

育てた大豆で豆腐作り、上荻野小の児童が本職の指導受け挑戦/厚木

社会 | 神奈川新聞 | 2013年2月15日(金) 22:52

育てた大豆で豆腐を作ろうと、厚木市上荻野の市立上荻野小学校(後藤幸一校長)の3年生約110人が14日、本職の指導を受けながら豆腐作りに挑戦した。

同校では地元で大豆栽培をしている井上允さん(65)の指導のもと、昨年7月から大豆栽培を始め、同11月には収穫を行った。利用法を話し合ったところ、「豆腐にしたい」という声が多かったため、この日の豆腐作りとなった。

同市小野で豆腐店を営む三橋光男さん(74)を師匠に招いた。前日から水に漬けておいた大豆をミキサーにかけ、布でこすなどして豆乳に、さらににがりを加えるなどして固めていった。

子どもたちは出来上がった豆腐に「ちょっと硬いかも」「家に持って帰りたい」などと笑顔で話し合っていた。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング