1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜中華街で春節初日、爆竹などで街全体が祭りムード/神奈川

横浜中華街で春節初日、爆竹などで街全体が祭りムード/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年2月10日(日) 23:34

大勢の観光客が見守る中、獅子による「採青」が行われた=横浜中華街
大勢の観光客が見守る中、獅子による「採青」が行われた=横浜中華街

横浜中華街(横浜市中区山下町)に、今年“2度目の正月”がやって来た。中国の旧正月「春節」の初日に当たる10日、色鮮やかな獅子舞が各店を巡回。威勢のいい爆竹やドラ、太鼓の音が鳴り響き、街全体が祭りムードに包まれた。

新年を祝い、商売繁盛を祈願する獅子舞は、かつて祝儀袋が獅子の“好物”の青菜で作られていたことから「採青(サイチン)」と呼ばれる。

午後4時から始まった採青では、1頭を2人で操る獅子が、後ろ脚で立ち上がって各店の軒下につるされた赤い祝儀袋をくわえ取る妙技が披露され、観客から拍手が起こった。

横浜中華街の春節は24日まで開かれ、17日には皇帝衣装のパレードや竜舞などで構成する「祝舞遊行」も実施される。

春節の賀詞交換会であいさつした横浜中華街発展会協同組合の李宏道理事長は「3月16日にスタートする5私鉄の相互直通運転、6月に開催されるアフリカ開発会議などを追い風とし、『また来たくなる街』の実現に突き進みたい」と決意を述べた。

【】

こちらもおすすめ

横浜中華街に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング