1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. こども宇宙科学館定期入館料、4月に大幅値下げ/横浜

こども宇宙科学館定期入館料、4月に大幅値下げ/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2013年1月26日(土) 22:08

横浜市磯子区の「はまぎん こども宇宙科学館」が4月1日から、大人4千円だった定期入館料(6カ月間有効)を大人800円に大幅値下げする。購入者には先着千人限定で恐竜のペーパークラフトが配布されるほか、星空観察会などの各種イベントで優先枠が設定される。

市こども青少年局によると、同館の入館料は大人(高校生以上)400円、小人(小・中学生)200円。定期入館料は大人4千円、小人2千円だったが、4月からは大人800円、小人400円に値下げする。

2011年4月からの約2年間で、定期入館券購入者は30人未満。近年「カップヌードルミュージアム」や「原鉄道模型博物館」などの開館も相次いだことから、「思い切った値下げ」(同局)に踏み切った。

購入者特典としては、星空観察会や工作教室、企画展での優先枠を確保するほか、先着千人限定で恐竜のペーパークラフトを配布する。

ペーパークラフトは工具を使わずに簡単に組み立てられ、「トリケラトプス」「ティラノサウルス」「ブラキオサウルス」の3種類を用意。同局は「科学館をより身近に感じ、科学を好きになってほしい」と話している。

横浜こども科学館(愛称・はまぎん こども宇宙科学館)は1984年開館。11年度の入館者数は約24万6千人。開館時間は午前9時半~午後5時。毎月第1、第3月曜日が休館。JR洋光台駅下車徒歩約3分。問い合わせは、同館電話045(832)1166。

【】

鉄道模型に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング