1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 工場夜景フォトコンテスト、川崎がモチーフの作品に最優秀/神奈川

工場夜景フォトコンテスト、川崎がモチーフの作品に最優秀/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2013年1月17日(木) 21:24

最優秀賞に輝いた「いつかの千鳥町」(上)と特別賞の「広がり」(いずれも川崎市提供)
最優秀賞に輝いた「いつかの千鳥町」(上)と特別賞の「広がり」(いずれも川崎市提供)

日本四大工場夜景(川崎、北九州、北海道室蘭、三重県四日市の4市)を撮影対象にしたフォトコンテスト「工場夜景・美の祭典」の入賞作が決まった。最優秀賞には、川崎市の工場夜景を撮った大倉裕史さん=埼玉県志木市=の「いつかの千鳥町」が選ばれた。

工場夜景をモチーフに4市が連携した公募のコンテストは初めて。応募期間内に265人から計618点が寄せられた。

昨年11月に入賞候補作20点を選考した後、4市関係者とプロの写真家で最終審査を実施。フェイスブック上で一般投票も行った。

最優秀賞の「いつかの千鳥町」は、手前に神奈川臨海鉄道の線路を、後方に日本触媒川崎製造所を収めた作品。工場の光と線路、空のコントラストなどが評価された。

一般投票1位の作品に贈られる特別賞には、北九州の工場夜景を写した「広がり」が輝いた。このほか、優秀賞に各市1点ずつの計4点、技能賞に1点、入選に13点を選んだ。

入賞作品は同フォトコンテストホームページ(http://k-kankou.jp/yakei/photocon/)上で公開されている。

【】

工場夜景に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング