1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 措置入院者支えるには 精神保健福祉法改正案、県内国会議員に聞く

措置入院者支えるには 精神保健福祉法改正案、県内国会議員に聞く

社会 | 神奈川新聞 | 2017年4月9日(日) 11:05

阿部 知子・民進党衆院議員(写真左)と島村 大・自民党参院議員(写真右)
阿部 知子・民進党衆院議員(写真左)と島村 大・自民党参院議員(写真右)

 障害者19人が刺殺された相模原殺傷事件を受け、再発防止に向けた精神保健福祉法改正案の審議が国会で始まった。厚生労働省は改正の趣旨について「相模原殺傷事件などを踏まえ、自傷他害の恐れがあるとして措置入院した患者に対し、退院後の医療支援を強化するため」としている。改正案を審議する衆参の厚生労働委員会に所属する自民党の島村大氏(参院神奈川選挙区)と、民進党の阿部知子氏(衆院比例南関東)に改正案に対する見解を聞いた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング