1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 希少動物の冬の暮らし紹介、油壺マリンパークで/三浦

希少動物の冬の暮らし紹介、油壺マリンパークで/三浦

社会 | 神奈川新聞 | 2012年12月26日(水) 22:30

冬眠の準備をするイモリ(京急油壺マリンパーク提供)
冬眠の準備をするイモリ(京急油壺マリンパーク提供)

三浦半島にすむ希少動物の冬の暮らしを紹介する展示が、京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代)で催されている。野生の中では観察するのが難しい冬場の低温期を過ごす様子を、自然に近い状態で学ぶことができる。

希少動物の保護や養殖を目的としたビオトープの中で、ニホンアカガエルやイモリ、ドジョウといった絶滅が危惧されている動物を公開。通常の泥や落ち葉の代わりに、水ごけの中で冬眠をする様子が観察できる。冬支度のために体の毛が抜け替わり、活発に餌を食べるフクロウやホンドモモンガの姿なども見られる。

1月いっぱいの毎週日曜日には、予約制で飼育員が動物たちの冬眠を解説するガイドツアーも開催する。

1月15~18日は休館。動物たちが冬眠から目覚めるまでで、2月末までは開催予定。入場料などの問い合わせやツアーへの申し込みはマリンパーク電話046(880)0152。

【】

モモに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング