1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. PC遠隔操作事件:誤認逮捕受け県警、担当者集め会議/神奈川

PC遠隔操作事件:誤認逮捕受け県警、担当者集め会議/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2012年12月20日(木) 23:48

県警は20日、犯罪抑止に向けて新設された部署などの担当者を集めた会議を開き、パソコン(PC)の遠隔操作による横浜市立小学校への襲撃予告事件で少年を誤認逮捕したことを受け、サイバー犯罪や少年事件を捜査する際の留意事項を確認した。

県警本部で開かれた会議には約100人が参加し、山岸直人警務部長が訓示。サイバー犯罪捜査では、第三者の不正アクセスやコンピューターウイルスによる遠隔操作などの利用の可能性を念頭に置くことや、IPアドレス(端末の識別番号)を主な根拠に容疑者を特定し、逮捕状を請求する際には事件主管課への報告を徹底することなど留意事項を説明した。

また少年事件の捜査では、自供を得られたとしても供述内容を十分に吟味して裏付け捜査を徹底するなど少年の特性を踏まえた取り調べを行い、否認事件や供述が変遷している際には容疑者が犯人であることを打ち消す捜査を徹底することなどを求めた。

犯罪抑止については、各警察署の管内情勢の変化に応じた取り組みや報告・連絡の徹底などを確認した。

【】

PC遠隔操作事件に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング