1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 原告1万人目標、5次提訴向け参加募る 厚木爆音訴訟

原告1万人目標、5次提訴向け参加募る 厚木爆音訴訟

社会 | 神奈川新聞 | 2017年4月7日(金) 02:00

原告募集の街頭活動に立つ金子さんと大波さん(左から) =大和駅前
原告募集の街頭活動に立つ金子さんと大波さん(左から) =大和駅前

 厚木基地(大和市、綾瀬市)の航空機騒音解消を求める「厚木基地爆音訴訟」で、第5次訴訟の提訴を決めた実行委員会は6日、原告となる基地周辺住民の募集を始めたと発表した。過去最多となる1万人規模の原告団結成を目指し、8月上旬にも横浜地裁へ提訴する。訴訟で求める損害賠償については、請求額を4次訴訟の倍に当たる月額4万円とする方針も示した。

 実行委と弁護団が横浜市内で会見し明らかにした。訴訟に参加できるのは「うるささ指数」75以上の区域の居住者で、実行委は今後8市内25万世帯にリーフレットを配布。6月末まで参加者を募り、7月下旬に原告団を正式に立ち上げる。昨年12月に終結した4次訴訟の原告ら約4700人がすでに5次訴訟への参加を表明しているという。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

爆音訴訟に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング