1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 鮮やかに冬彩る6千株、シクラメン出荷本格化/秦野

鮮やかに冬彩る6千株、シクラメン出荷本格化/秦野

社会 | 神奈川新聞 | 2012年12月1日(土) 22:37

出荷が本格化しているシクラメン
出荷が本格化しているシクラメン

冬の花を代表するシクラメンの出荷が、秦野市内で本格化している。温室で育てられている花は赤や白、紫など色鮮やかで、生産者は花弁や葉を整える作業などに追われている。

同市のシクラメン出荷量は平塚市に次いで県内2位。年間約16万6千株を出荷している。

30種ほどを育てている秦野市尾尻の高橋洋平さん(50)の温室では、約6千株を出荷予定。今年は夏から秋にかけて寒暖の差が大きかったため、生育は遅めだが、株自体は良いという。

お歳暮やクリスマスの時期に向けて徐々に出荷が増え、12月いっぱいは作業が続く。高橋さんは「なるべく暖房の効いた部屋に置かず、水をやりすぎないのが長持ちさせるポイント。色とりどりの花の中からお気に入りの一つを見つけてほしい」と話している。

冬の花を代表するシクラメンの出荷が、秦野市内で本格化している。温室で育てられている花は赤や白、紫など色鮮やかで、生産者は花弁や葉を整える作業などに追われている。

同市のシクラメン出荷量は平塚市に次いで県内2位。年間約16万6千株を出荷している。

30種ほどを育てている秦野市尾尻の高橋洋平さん(50)の温室では、約6千株を出荷予定。今年は夏から秋にかけて寒暖の差が大きかったため、生育は遅めだが、株自体は良いという。

お歳暮やクリスマスの時期に向けて徐々に出荷が増え、12月いっぱいは作業が続く。高橋さんは「なるべく暖房の効いた部屋に置かず、水をやりすぎないのが長持ちさせるポイント。色とりどりの花の中からお気に入りの一つを見つけてほしい」と話している。

【】

お歳暮に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング