1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 水田地帯に太陽光発電施設完成 伊勢原

水田地帯に太陽光発電施設完成 伊勢原

社会 | 神奈川新聞 | 2017年4月7日(金) 02:00

完成した太陽光発電施設=伊勢原市内
完成した太陽光発電施設=伊勢原市内

 大型太陽光発電施設が5日、伊勢原市沼目、下谷地区の水田地帯に完成し、開所式が開かれた。

 新たに設置されたのはソーラーパネル160枚(縦4メートル、横68・4メートル)。昨年4月から稼働している1期工事分の200枚(縦4メートル、横85メートル)と合わせて、360枚のパネルが並ぶ。

 地元農家ら340人による大田地区土地改良区が計約4550万円をかけて設置した。県が3分の2、市が6分の1をそれぞれ補助した。

 発電した電力を年間約360万円で売り、水田の送水ポンプを動かす電気代に充てる。近年、電気代が値上がりして負担が増えたため、改良区が施設整備を計画し、県などに支援を要望していた。

太陽光発電に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング