1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. PC遠隔操作誤認逮捕:静岡家裁が少年の補償手続き開始/神奈川

PC遠隔操作誤認逮捕:静岡家裁が少年の補償手続き開始/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2012年11月8日(木) 23:33

パソコン(PC)の遠隔操作による横浜市立小学校への襲撃予告事件で、静岡家裁が誤認逮捕された少年(19)に対する補償手続きを開始したことが8日までに、分かった。補償内容は今月中にも決定する見込み。

同家裁によると、手続きは裁判所の職権で、少年の保護観察処分が取り消された10月30日に開始された。補償金額は刑事補償と同様で、1日当たり千円から1万2500円で、拘束された日数に応じて支払われる。少年事件の場合、補償内容の決定は、処分取り消しの決定が確定した日から「30日以内にするように努めなければならない」と法律で定められている。同家裁は、金額などの補償内容については「少年事件のため公表はできない」としている。

同事件をめぐっては、県警と地検の幹部が先月20日、少年と両親に謝罪。同23日に地検が処分取り消しを家裁に申し立て、同30日、静岡家裁浜松支部が処分を取り消していた。

【】

裁判所に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング