1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 水槽はクリスマスモード、新江ノ島水族館/藤沢

水槽はクリスマスモード、新江ノ島水族館/藤沢

社会 | 神奈川新聞 | 2012年11月2日(金) 22:08

3日からクラゲファンタジーホールに展示されるグラスツリー。グラスの中にミズクラゲが漂う(同水族館提供)
3日からクラゲファンタジーホールに展示されるグラスツリー。グラスの中にミズクラゲが漂う(同水族館提供)

藤沢市の新江ノ島水族館で1日から「メリークリスマスin新江ノ島水族館」と銘打ったイベントが始まった。3日からは水槽内にクリスマスツリーを展示したり、光り輝く生き物を集めた企画展も始まる。担当者は「一足早いクリスマスを楽しんでもらいたい」と話している。

皮切りは1日から始まった恒例の「海月(くらげ)の宇宙(そら)~メリークリスマス~」。クラゲを展示しているスペースで、期間中だけドライアイスを使った演出や、クリスマスデザインのライトアップを見ることができる。12月25日までで1日6回各5分程度。

このほか、3日には同水族館初となる、海草を使った高さ4・5メートルの「アクアツリー」が、相模湾大水槽に登場する。クラゲファンタジーホールでは、高さ2メートルほどの「クラゲのグラスツリー」がお目見え。ワイングラスの中にミズクラゲが漂い、幻想的な雰囲気を演出する。いずれも12月25日まで。

7日からは、「極限に生きる~光り輝く生きものたち~」と題する企画展がスタート。自ら発光する生き物や、光を反射して輝くものなど、3種20匹を紹介する。このほか、各種イベントはクリスマスバージョンに衣替えし、来場者を楽しませる企画がめじろ押しという。問い合わせは同水族館電話0466(29)9960。

【】

新江ノ島水族館に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング