1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ポスター感情豊かに、世界に影響与えたポーランドの150点が11月3日から展示/横浜

ポスター感情豊かに、世界に影響与えたポーランドの150点が11月3日から展示/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2012年11月2日(金) 01:31

「ポーランドポスター展」に展示される、ヘンリク・トマシェフスキの作品
「ポーランドポスター展」に展示される、ヘンリク・トマシェフスキの作品

戦後に花開き、世界のデザイナーに大きな影響を与えた東欧・ポーランドのポスター文化を紹介する「ポーランドポスター展」が、3日からヨコハマ創造都市センター(横浜市中区)で開かれる。

社会主義体制下のポーランドでは、斬新で個性的な造形表現を持つポスターが数多く描かれた。多彩で感情豊かな一方、人物の身体を変形させたり、不安をかき立てたりするようなデザインなど、自由のない社会状況を反映させたような作品も目立つ。

同展では、ポーランド・ワルシャワのヴィラヌフポスター美術館が所蔵する150点を公開。ポーランドを代表するアーティストのヘンリク・トマシェフスキ、ヤン・レニツァらの作品も並ぶ。

会期中は、同美術館のマリア・クルピク館長によるギャラリートークや、日本のグラフィックデザイナーによるトークショー(いずれも要予約)、神奈川フィルハーモニーのコンサートなども開催。ポーランドの伝統菓子や雑貨なども販売する。

12月3日まで。11月12日は休館。観覧料は、一般800円、高校・大学生600円、小・中学生無料。

問い合わせは、同展実行委員会電話045(224)4775。

【】

ヨコハマ創造都市センターに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング