1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 旧正月へお祭りムード、横浜中華街で「春節燈花」/神奈川

旧正月へお祭りムード、横浜中華街で「春節燈花」/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2012年11月1日(木) 23:46

八仙があしらわれた中華街大通りのイルミネーション=横浜市中区山下町
八仙があしらわれた中華街大通りのイルミネーション=横浜市中区山下町

中国の旧正月へ向けて、お祭りムードを盛り上げるイルミネーション「春節燈花(とうか)」の点灯式が1日夜、横浜中華街(横浜市中区)で行われた。主催者の横浜中華街発展会協同組合(李宏道理事長)は、日本の七福神の原型となった「八仙」をモチーフとする電飾を新設した。

李理事長らが、善隣門下に設置したスイッチを押し、赤、青、黄などで彩られた電飾に点灯。獅子舞が、アクロバティックな演技を披露した。観光客たちは「ハロウィーンが終わった途端に、旧正月を迎える準備とは」と、驚いていた。

八仙は8人の仙人のことで、大通りに新設された電飾は、それぞれ高さ1.5メートルほど。街中の公園には、高さ5メートルもある八仙の乗った「宝船」の電飾が設置された。また、華僑・華人が心のよりどころとする関帝と媽祖(まそ)の電飾も、関帝廟(びょう)通りに設けられた。

春節燈花は、来年の旧正月(2月10日)を挟んで2月28日まで午後4~11時に点灯される。

【】

こちらもおすすめ

横浜中華街に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング