1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. PC遠隔操作事件:襲撃予告逮捕の少年「資料見せられた」、県警の再聴取に説明/神奈川

PC遠隔操作事件:襲撃予告逮捕の少年「資料見せられた」、県警の再聴取に説明/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2012年10月19日(金) 00:43

横浜市のホームページ(HP)に市立小学校襲撃予告を書き込んだとして威力業務妨害容疑で逮捕され、保護観察処分が確定している少年(19)が、県警の任意の再聴取に対し、「やっていない」と事件への関与を否定、当時の取り調べについて「資料をいろいろ見せられた」と説明していたことが18日、県警への取材で分かった。少年は捜査当局の調べに対し、当初は容疑を否認。その後に認め、動機などについて詳しく説明しており、県警は当時の取り調べの経緯を慎重に検証している。

県警の説明では、少年は逮捕後、「やっていない。不当逮捕だ」と容疑を否認。県警は否認のまま検察に送致し、検察の調べで少年は容疑を認めたという。

少年は捜査当局の調べに対し、動機について「楽しそうな小学生を見て、困らせてやろうと思った」と供述。襲撃するとした小学校については「インターネットで横浜市の小学校を検索したら、トップに出てきた」とし、書き込みの際の名前を「鬼殺銃蔵(おにごろし・じゅうぞう)」とした点については、酒の商品名や好きな銃、不吉な数字とされる13を掛け合わせたと説明するなど、詳細な供述をしたという。

一方、県警が少年のパソコン(PC)のデータを再解析した結果、襲撃予告が書き込まれる直前に、インターネットの掲示板上のURL(ネット上の住所)をクリックした形跡があることも分かった。

東京の弁護士などに「真犯人」を名乗る人物から届いたメールには、ウェブサイトを閲覧しようとクリックすると自動的に襲撃予告を書き込む手口を用いたと記されていた。この人物は「(少年は)掲示板に貼ったURLをたまたま踏んだ(クリックした)だけ」と説明している。

少年は7月1日、横浜市のHPに6月29日に「小学生を皆殺しにする」との内容の襲撃予告を書き込んだとして威力業務妨害容疑で県警に逮捕され、8月に保護観察処分となった。

【】

PC遠隔操作事件に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング