1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 歴史や文化守る「スタージャン」横浜にご当地ヒーロー祭りやショー出演、ドラマ撮影も

歴史や文化守る「スタージャン」横浜にご当地ヒーロー祭りやショー出演、ドラマ撮影も

社会 | 神奈川新聞 | 2012年9月30日(日) 11:43

交通安全イベントに出演したスタージャン(右)とタイガジャン(左)
交通安全イベントに出演したスタージャン(右)とタイガジャン(左)

横浜にもご当地ヒーロー誕生-。「横浜見聞伝スター☆ジャン」は、悪の組織から横浜の歴史や文化を守るため戦うスタージャンの物語。横浜市港北区の芸能事務所が企画した。7月から地域の祭りやイベント、量販店などでのショーに出演している。横浜の街を知り、好きになってもらおうと、子どもたちの元へ駆け付ける。

横浜に眠る神秘の力「プリズムスター」を探すため、宇宙からやってきた悪の組織の総帥ネクラーから、横浜の文化や歴史を守ろうと、音楽講師の濱尾学が「スタージャン」に変身し、戦うという設定。学の弟、巡(めぐる)も「タイガジャン」として共に横浜を守る。

企画したのは芸能事務所リヴィールエンタテインメント。プロデューサーの椙本泰史さんは「横浜の企業として発信し、地域に根付くものを」と、ブームのご当地ヒーローに目を付けた。スターになりたいという願いと横浜の方言とされる「じゃん」を掛け合わせて名付けた。

昨年9月から台本制作や衣装のデザインなどを進めてきた。現在はショーに出演しながら、11月からインターネットで配信予定のドラマ撮影に取り組む。ドラマでは横浜を見聞し、名所などを紹介する。

演じるのは同社に所属する俳優たち。自ら衣装を着てアクションをこなし、ショーの後はマスクを取ってお客さんと触れ合う。地域貢献を目指した活動のため、今のところ出演料は受け取っていないという。

都筑区で9月、行われた交通安全イベントにも登場。スタージャンとタイガジャン、総帥ネクラーが「チャイルドシートは何歳まで」など、子どもたちと一緒にクイズに挑戦。撮影会では、悪役とじゃれ合ったり、白バイにまたがったりするお茶目なスタージャンに人気が集まった。

すぐにファンになったという大学4年の女子学生=港北区=は「やっと地元にヒーローが生まれた。親しみやすいキャラクターが好き。横浜ならではの個性を出してほしい」と期待する。

スタージャンを演じる関根裕介さんは「子どもたちに横浜の魅力を伝えたい」。仮面ライダー作品にも出演していたタイガジャン役の内山眞人さんは「大人にも応援してもらえたら。どんどん横浜を見聞していくので、近くに行ったらよろしくお願いします」

スタージャンのイベント出演予定などは公式サイト(http://starjyan.reveal-ent.com)に掲載されている。

【】

方言に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング