1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 日本愛し東西文化の融合追求、高島屋で「バーナード・リーチ展」/横浜

日本愛し東西文化の融合追求、高島屋で「バーナード・リーチ展」/横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2012年9月20日(木) 11:48

東西の美を融合させた陶芸作品が並ぶ「バーナード・リーチ展」=横浜高島屋ギャラリー
東西の美を融合させた陶芸作品が並ぶ「バーナード・リーチ展」=横浜高島屋ギャラリー

日本を愛し、東西文化の融合を追求した英国の陶芸家を紹介する「バーナード・リーチ展」が19日、横浜駅西口の横浜高島屋ギャラリーで始まった。生誕125年を記念し、陶芸作品約100点と版画・素描約20点を通して、リーチの芸術世界に迫っている。神奈川新聞社などの主催。

小泉八雲に憧れて1909年に来日。楽焼の絵付け体験をきっかけに陶芸家の道へ進んだ。民芸運動の指導者・柳宗悦らの思想に共鳴。10年の日本滞在の後、英国へ戻って登り窯を築き、工房を開いた。

会場には伸びやかな線を生かして魚や鳥などを絵付けした大鉢や、大分・小(お)鹿(ん)田(た)や栃木・益子など各地の窯を巡り、職人に指導しながら自らも作陶した大皿などが並び、味わいある作品に来場者は熱心に見入っていた。

本展の監修者・京都大名誉教授の乾由明さんは「個性的な表現と日常の雑器の美とをどのようにつなげるかという西と東の調和を、思想にまで高めたスケールの大きな人」と評している。

10月1日まで。入場料は一般800円など。問い合わせは、横浜高島屋電話045(311)5111。

【】

高島屋(横浜、港南台、ほか)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング