1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 間伐材で「ものづくり体験」、富士山の森で間伐も/鎌倉

間伐材で「ものづくり体験」、富士山の森で間伐も/鎌倉

社会 | 神奈川新聞 | 2012年8月30日(木) 11:42

富士山の森での間伐と、その間伐材を使った鎌倉市でのものづくりがセットで体験できる「FUJIMOCK FES(フジモック)」が今秋から開かれる。企画した合同会社「FabLab KAMAKURA」(ファブラボ、鎌倉市)とNPO法人「ホールアース研究所」(静岡県富士宮市)では、参加者を募集している。

「暮らしの中にある森」をテーマに開くフジモックは、林野庁の補助事業で参加費は無料。「セッション1」として、9月下旬から10月中旬のうちの1日で、富士山麓で林業のプロの指導を受けながら間伐を体験。森歩きをして森林や林業の現状を知るワークショップも楽しめる。

その後、間伐した木を手元で乾燥。「セッション2」として来年、鎌倉市のファブラボでレーザーカッターなど最新の機器も使いながらプロの指導のもと、基礎コースや応用コースなどに分かれ、時計や木皿など実力に合ったものづくりが体験できる。

富士山麓での間伐は9月29日、10月7、8、20日のいずれかを選択。鎌倉でのものづくりは、1月下旬から3月下旬ごろの見込みで日程は後日決定。対象は、大学生や社会人。定員は120人で、各回15~40人規模。応募者多数の場合は抽選となる。交通費、昼食代は参加者実費。締め切りは9月9日。申し込みは、「FUJIMOCK FES」ホームページ(http://fujimock.wordpress.com/)から。

【】

林業に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング