1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. たいまつに豊作祈り、秦野で盆の伝統行事「瓜生野百八松明」/神奈川

たいまつに豊作祈り、秦野で盆の伝統行事「瓜生野百八松明」/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2012年8月15日(水) 22:25

火の付いたたいまつを勢いよく振り回して見物客を沸かせた「瓜生野百八松明」=秦野市南矢名
火の付いたたいまつを勢いよく振り回して見物客を沸かせた「瓜生野百八松明」=秦野市南矢名

秦野市南矢名の瓜生野(うりゅうの)地区で室町時代に始まったといわれる盆の伝統行事「瓜生野百八松明(ひゃくはったい)」が14日夜、行われた。五穀豊穣(ほうじょう)と悪疫退散を祈る行事で、1975年に市の無形文化財に指定されている。

住民らでつくる保存会の約50人が、麦わらを使って長さ2~3メートル、直径30センチほどの太さに束ねたたいまつを作り、権現山(標高243・5メートル)の山頂に運んだ。日が沈むと、子どもたちを先頭に、火の付いたたいまつを担いで下山。約30分かけて麓の龍法寺門前に着くと、大勢の見物客の前でたいまつを勢いよく振り回した。

その後は、近くの広場で江戸時代から伝わる「瓜生野盆踊り」が行われた。

市教育委員会の文化財班は「県内には各地で火祭りや迎え火の行事があるが、これだけ大きなたいまつを担ぐために作る地域は珍しい」としている。

小学生のころから参加している会社員小澤倫明さん(35)は「気持ちよくたいまつを回すことができた。長く続いている伝統行事なので、次の世代にも伝えていきたい」と話していた。

【】

文化財に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング