1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 食と風情楽しんで、8月13、14日に「みうら夜市」/三浦

食と風情楽しんで、8月13、14日に「みうら夜市」/三浦

社会 | 神奈川新聞 | 2012年8月6日(月) 23:32

情緒あふれる港町を舞台にして三浦市の食を楽しむイベント「みうら夜市」が13、14の両日、同市三崎地区で開かれる。4回目の開催となる今年は、人気定着を狙う。

商店街内約500メートルを漁で使う特殊な照明でライトアップし、伝統の技法で染められた大漁旗を掲げて港町らしさを演出。会場には名産のマグロを使った「三崎まぐろラーメン」やマグロの空揚げなどのメニュー、特産のスイカ、メロン、メロンジュースなど三浦の食がずらりと並ぶ。屋台を含め、73店舗が参加予定。

体験イベントも多彩で、スイカをくりぬいた灯籠制作や全長30メートルの鉄火巻きづくり(14日のみ)などが行われる。鮮やかな衣装と威勢のいい掛け声で踊る「江戸芸かっぽれ」(14日)なども披露され、会場を盛り上げる。

商店街や朝市関係者、市などでつくる実行委員会が主催。昨年の来場者数は前年より3割増の2万7100人と過去最高を記録した。市商工観光課は「震災の影響で中止になったイベントの受け皿となったほか、認知度が上がってきたからでは」と分析しており、「今年は人気を定着させたい」と意気込む。

午後4時から同9時まで。一部イベントは有料。問い合わせは実行委事務局電話046(882)1111。

【】

体験イベントに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング