1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 特殊詐欺撲滅へ取り組みを確認 県警が対策推進会議

特殊詐欺撲滅へ取り組みを確認 県警が対策推進会議

社会 | 神奈川新聞 | 2017年3月29日(水) 02:00

特殊詐欺の撲滅に向けて訓示する古宮忠男刑事総務課長=県警本部
特殊詐欺の撲滅に向けて訓示する古宮忠男刑事総務課長=県警本部

 危機的な状況に陥っている特殊詐欺の被害を食い止めようと、県警は28日、対策推進会議を開き、撲滅に向けた取り組みを確認した。

 県警本部の担当者と、県内54署で「司令塔」と位置付けられている副署長ら約60人が出席。冒頭、古宮忠男刑事総務課長が「極めて厳しい状況。司令塔として情勢を把握し、リーダーシップを発揮してほしい」と訓示。巧妙に組織化された詐欺グループに対応するため県警の総合力を発揮することや、ツール対策のさらなる徹底などを求めた。

 県内の昨年の特殊詐欺の被害総額は約40億8700万円で、前年に比べて約4億5800万円増加。認知件数も前年比264件増の1286件で、効果的な対策が急務になっている。

振り込め詐欺に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング