1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 大涌谷に「巨大黒たまご」、親子連れらが名物の殻で制作/箱根

大涌谷に「巨大黒たまご」、親子連れらが名物の殻で制作/箱根

社会 | 神奈川新聞 | 2012年7月22日(日) 22:58

黒たまごの殻を貼り付ける観光客ら=箱根大涌谷観光センター裏駐車場
黒たまごの殻を貼り付ける観光客ら=箱根大涌谷観光センター裏駐車場

箱根・大涌谷名物の黒たまごの殻で“巨大黒たまご”を作るイベント「1000人で食べて作ろう! 世界最大の黒たまご」が22日、箱根大涌谷観光センター裏駐車場で催された。

夏の箱根の観光振興キャンペーンの一環。名物黒たまごを使い、親子で楽しめるイベントをと初企画された。

黒たまご千個を用意して、訪れた親子連れなどの観光客ら約800人に無料で配布。一斉に食べた卵の殻を両面テープに貼ってから、高さ1・6メートルの模型に貼り付けていった。巨大黒たまごは、1週間ほど同センターで展示されるという。

イベントに参加した千葉県の小学4年生、女児(9)は「黒たまごはすごく真っ黒でびっくりしたけど、おいしかった。また箱根に来て食べたいです」と笑顔で話していた。

黒たまごは、大涌谷の温泉池で生卵をゆでたもの。温泉成分の反応で殻が黒くなる。

【】

大涌谷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング