1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 岩国移駐・銀翼の塒(6)安保の代償、続く地方への転嫁

在日米軍再編
岩国移駐・銀翼の塒(6)安保の代償、続く地方への転嫁

社会 | 神奈川新聞 | 2017年3月25日(土) 09:50

 「グラウラー(唸(うな)る者)」のおとなしさに、岩国市民は拍子抜けした。

 2016年8月。米海軍厚木基地(大和、綾瀬市)の空母艦載機、EA18G電子戦機が米海兵隊岩国基地上空を試験飛行した。1機が10分ほど旋回し、離着陸訓練は2回にとどまった。市が求めていた戦闘攻撃機のFA18スーパーホーネットが飛来するはずだったが、当日に機種変更され、機数も絞られた。

 旧来型の岩国駐留機と比べ、厚木側の機体は大型化し、エンジン推力が増強されている。移駐に備え、より激しいとされる騒音を体感できる触れ込みだった。

 移駐に好意的な「岩国の明るい未来を創(つく)る会」会長の原田俊一(84)も「子どもだまし」とあきれた。「あらぬ誤解を招く。もっと堂々と飛べばいい」

 臨海部に「看過できない被害」(山口地裁岩国支部)をもたらしている航空機騒音は移駐後、いかに変質するのか。山口県知事の村岡嗣政(44)は今月の県議会で「生活環境は全体として悪化するとはいえない」と答弁した。2006年と比べ、住宅防音工事の助成地域が6割縮小するとみる政府の予測が根拠だ。

 ただし、これは「トリック」(移駐反対派)だ。比較対象が、滑走路の沖合移設によって騒音被害が軽減される以前であり、移設後と比べると実際は…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

基地アーカイブに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング