1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 区制30周年式典と連携、6月10日から恒例の麻生音楽祭/川崎

区制30周年式典と連携、6月10日から恒例の麻生音楽祭/川崎

社会 | 神奈川新聞 | 2012年6月6日(水) 23:39

昨年の麻生音楽祭のオープニングイベント。期間中トータルで約5500人が来場した(麻生区役所提供)
昨年の麻生音楽祭のオープニングイベント。期間中トータルで約5500人が来場した(麻生区役所提供)

「音楽の街・あさお」の夏を彩る恒例行事「麻生音楽祭」が10日から7月8日まで、麻生市民館をメーン会場に開かれる。ことしは麻生区制30周年の節目に当たり、7月1日には記念式典と連携したコンサートも行われる。入場無料。

芸術文化の向上を目的に始まり、ことしで27回目。区内を中心に音楽活動をしている団体や小中高校の吹奏楽部などが日ごろの活動の成果を披露する。

音楽祭は10日のオープニングイベントで幕開け。新百合ケ丘エルミロード1階吹き抜け広場で4団体が出演してミニコンサートを届ける。

また、例年の目玉行事になっているファミリーコンサートを、区制30周年記念式典と連携して実施。式典後、市民オーケストラ「麻生フィルハーモニー管弦楽団」がオペラの名曲を演奏する。

このほか、区内の学校が一堂に集う「スクールコンサート」や、「コーラスのつどい」なども行われる。

ファミリーコンサートのみ事前申し込みが必要。8日までに、往復はがきで同区役所に応募する。

【】

新百合ケ丘に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング