1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. コスプレで追浜の街おこし、第一人者「キキワン」さんが観光大使/横須賀

コスプレで追浜の街おこし、第一人者「キキワン」さんが観光大使/横須賀

社会 | 神奈川新聞 | 2012年5月20日(日) 13:56

コスチューム姿で街の美化啓発活動に参加した「コスプレ講座」の受講生たち=4月21日、京急線追浜駅前
コスチューム姿で街の美化啓発活動に参加した「コスプレ講座」の受講生たち=4月21日、京急線追浜駅前

人気アニメやゲームのキャラクターに扮(ふん)するコスプレを活用した風変わりな街おこしを、横須賀・追浜が試み始めた。若者を呼び込み、にぎわいづくりにつなげる狙い。当初は戸惑いもあった商店街だが、イベントや美化活動を通じて、新たに発見した求心力を活用しようとしている。

4月21日。京急線追浜駅前に勢ぞろいしたキャラクターたちが、街の美化を呼び掛けた。

メードや執事、アニメからは「ハートキャッチプリキュア」「NARUTO―ナルト―」、仮想アイドル「初音ミク」…。年配の買い物客は目を丸くしたが、子どもたちは大喜びでメンバーに群がった。

参加者は、横須賀市の追浜観光協会が初めて試みた「初めてのコスプレ講座」の受講生。コスプレの基本や衣装づくりを3回にわたって学ぶコースの総仕上げを兼ねた。「違う自分になれるのが面白い」。コスプレ初体験という参加者の女性(23)が話す。

□ ■ □

「コスプレ姿で街なかの活動をすることはあまりなかった。新鮮で楽しい」

講師を務めたのは、コスプレの第一人者とされる「キキワン」さんだ。国内外のコスプレ大会で入選実績を持ち、ディスカウントストア大手のドン・キホーテが提供するコスプレ専用アパレルのデザイン監修も担当している。

横須賀在住で、「もともと地域活動に興味があった」。地元で開かれたイベントにボランティアで参加していたところを、その道での有名さを知った当局が“スカウト”。3月には追浜観光協会から、観光大使を委嘱された。

□ ■ □

追浜が型破りな街おこしに乗り出した背景には、高齢化の進展がある。市追浜行政センター管内の高齢化率は市内平均より高い水準。地域経済の活性化には若年層の呼び込みが欠かせない。

「まったく経験のない分野だが勉強してみる。若いお仲間をうんと集めてもらえれば」。キキワンさんに観光大使を委嘱した大村雅己・追浜観光協会会長が期待を込めた。

横須賀市にとっては、街なかに表現する場を得たコスプレ愛好家たちを、地元の底上げに結びつけられるかどうかが課題だ。「ただ集まって終わりではなく、商店街を回ってもらうなどの活性化につなげる必要がある」(追浜行政センター)。今秋に予定されているハロウィーンのイベントが、街おこしと愛好家たちを結びつける本格的な初舞台となりそうだ。

【】


「キキワン」さん(奥)の指導を受けてコスチュームの実作に挑む講座=4月14日、横須賀市夏島町の追浜行政センター
「キキワン」さん(奥)の指導を受けてコスチュームの実作に挑む講座=4月14日、横須賀市夏島町の追浜行政センター

ボランティアに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング