1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 季節に応じた自然観察会を開催へ、生物や植物に親しみを/大井

季節に応じた自然観察会を開催へ、生物や植物に親しみを/大井

社会 | 神奈川新聞 | 2012年5月3日(木) 12:06

生物や植物に親しんでもらおうと、大井町は「おおいゆめの里」(同町柳、山田)周辺で、季節に応じた自然観察会を開く。初回の19日は「初夏の生きものさがし」と題し、新緑の季節に見られる昆虫や鳥類をテーマに里山を巡る。参加無料。

自然に恵まれた町の特徴を生かし、子どもたちの生物への関心を引き出そうと企画。町立上大井小学校の前校長で、町が町内全体を博物館に見立てて展開している自然観察などの事業「おおい自然園」の園長、一寸木肇さん(60)が講師を務める。

一寸木さんによると、この時季はオオルリ、キビタキといった鳥たちを観察でき、シュレーゲルアオガエルなどの鳴き声も聞くことができる。周辺の花々も徐々に実を付け、季節の移ろいを感じることができるという。一寸木さんは「みんなで楽しみながら、初夏の自然を探しましょう」と呼び掛けている。

自然観察会は今後、夏、秋、冬、早春にも開催。参加者が確認できた生物や植物をまとめる「新聞づくり」も予定している。

小学4年生以上で、各観察会とも先着20人。初回の申し込みは11日締め切り。問い合わせは町生涯学習センター電話0465(83)5409。

【】

昆虫に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング