1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 事件事故
  5. パチンコ店景品交換所から492万円奪う 少年ら5人逮捕

パチンコ店景品交換所から492万円奪う 少年ら5人逮捕

事件事故 | 神奈川新聞 | 2019年11月14日(木) 19:23

 横浜市都筑区のパチンコ店の景品交換所で7月、現金492万円余りが奪われた強盗致傷事件で、県警捜査1課と都筑署などは14日までに、建造物侵入と強盗致傷の疑いで、綾瀬市在住の高校3年の少年(17)を逮捕、フィリピン国籍で藤沢市円行、塗装工の男(22)=建造物侵入と強盗致傷の罪で起訴=ら4人を再逮捕した。

 逮捕、再逮捕容疑は、共謀して7月24日午後10時55分ごろ、横浜市都筑区仲町台1丁目の景品交換所で、屋外で閉店作業をしていたアルバイトの女性(73)が室内に入ろうとした際に背後から押し込み、転倒させて尻に軽傷を負わせた上で交換所内にあった現金492万8500円を奪った、としている。

 同課によると、塗装工の男は「直接はやっていない。でも、金はもらった」と供述し、容疑を否認。高校3年の少年ら4人は容疑を認め、「奪った金は遊びに使った」などと話している。実行役は2人とみられ、県警が役割などを調べている。

 県内では4~8月、横浜市港南区、同市都筑区、鎌倉市、秦野市、寒川町の景品交換所で未遂を含めた強盗事件が相次いだ。県警はこれまでに港南区と秦野市の事件で同容疑者と少年6人の計7人を同容疑で逮捕していた。このうち4人が複数の事件に関与した疑いがあり、他の2件についても関連を調べている。

強盗致傷に関するその他のニュース

事件事故に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

社会に関するその他のニュース

アクセスランキング